もうかれこれ10年以上も前の話ですが、お風呂の排水口がつまってしまい、いくらゴミを取ってもなおる様子がなかったので、仕方なく専門業者さんを呼びました。
水道工事業者さんは手なれた様子でワイヤーのような道具を取り出し、排水口に突っ込んでいきました。さらに掃除機のような機械も使って、おおよそ一時間ほどで排水口の掃除作業を終えていきました。そのときの業者さんが教えてくれたのですが、わたしの家のお風呂の排水管には、髪の毛などの通常のごみのほかに、シャンプーのフタや入浴剤の袋の切れっぱしなどが詰まっていたそうです。こうした異物を核にして、そこに髪の毛などが絡みついた結果、普通では取り除けないような状態になっていたのです。
そのときその業者さんが教えてくれた「わたしたちにも出来る排水口のメンテナンス」は、当時はとてもおどろく方法でした。

重曹を使うというその方法は、当時たまに料理で使うことしかありませんでしたが、いまやお掃除に使うことの方が多いほどですたが、それが排水口の掃除に使えると知ったのは、このときが最初だったのです。そもそも排水口に油などを流してはいけないという、基本中の基本も良く分かっていないわたしでしたから、この重曹だけでものすごいカルチャーショックでした。
クエン酸もまた、お風呂掃除につかえるもののひとつです。こちらも重曹同様、お風呂にまいておいてしばらく時間をおいたのち、ぬるま湯で流すという方法を取ります。

お風呂の入り方も注意すべき点があることがわかりました。絆創膏や入浴剤の袋などを排水口に流さないのは当然ですが、わたしたちはついついお風呂場のなかで全ての汚れを落とそうとしてしまいます。しかし、実際にはお風呂に入る前に髪をブラッシングするように、大まかな汚れはお風呂場の外で落とすべきなのです。お風呂でごみを落とさないことが、排水口を詰まらせないための注意すべき点だと知りました。

Post Navigation