トイレが詰まった時、まず一番手っ取り早く楽なのはラバーカップ、通称スッポンを使い自力で詰まりを解消することです。トイレが詰まるということは便器の中に汚水がいっぱいになっている状態なので、そこでラバーカップを使うとまわりに汚水が飛び散ります。臭いし嫌ではありますが自分しかいない場合は自分でやるしかないでしょう。ラバーカップは業者さんに頼むことを考えると価格的に遥かに安いものなので、なければ買ってくるのも良いと思われます。それでも無理なときは業者さんに頼みます。汚物はそのままでも業者さんは作業をしてくれるとは思いますが、少しは掃除しておいた方がお互いの心理的に良いでしょう。修理業者さんが来るのを待つ間、まずはゴム手袋等を使いビニール袋やペットボトル等に入れて封をするだけでも汚物の臭いと量が減らせます。そうこうしている間にたまった水が少しずつでも流れていくことがあれば詰まりを解消できる可能性があります。少しずつ流れるということは流れが完全に止まっているわけではないのでたまっている水がほぼなくなるまで待ち、バケツで便器からあふれない程度に水を流してやる、またはレバーをひいて「大」の方で流してみることにより、詰まっている物が最終的に水に溶ける物であるなら、その水の勢いでせき止めている物がとれ一気に流れる場合もあります。うまくいった場合はすぐに業者さんに連絡して断りましょう。それでもだめな場合は業者さんをおとなしく待ちましょう。

Post Navigation